FC2ブログ

ああ、あの頃の海外ドラマ!

主に90年代~00年代の海外ドラマのレビューや、あの時代とドラマを彩った洋楽など紹介するブログです。映画の感想も年代問わず書きます。

【ボヘミアン・ラプソディ】キャスト紹介(7)トム・ホランダー(ジム・ビーチ(マイアミ)役)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

映画 ボヘミアン・ラプソディ感想(ネタバレ) > キャスト紹介(7)トム・ホランダー(ジム・ビーチ(マイアミ)役)


ボヘミアン・ラプソディに出演しているキャストの紹介です


トム・ホランダー(ジム・ビーチ(マイアミ)役)



クイーンのマネージャーだったジョン・リードが辞めてから、クイーンのマネージャーとなり、現在もクイーンのマネージャーを務めているジム・ビーチを演じたのはトム・ホランダー


トム・ホランダー
1967年8月25日イギリス オックスフォードシャー州オックスフォード生まれ


教師である両親の元に生まれオックスフォードで育ち、子供時代はNational Youth Music Theatreに所属。
Abingdon Schoolでは奨学金を貰うほど優秀だったそうです。


National Youth Music Theatreに所属していた時に歌った「The Leaving of Liverpool(イングランドの民謡)」でBBCスタッフに注目され、14歳の時にBBCのドラマ「ジョン・ダイアモンド」で主人公ウィリアム・ジョーンズに抜擢される。
この時から俳優として本格的に活動を開始。
テレビ、映画、舞台と幅広く活躍している実力派俳優。


大学はセルウィンカレッジ(ケンブリッジ)を卒業し、2016年に名誉卒業生に選ばれています。


主な出演作(ドラマ)
「ナイト・マネジャー」
「Rev.」
「SEXとアートと美しき男たち」
など

 



主な出演作(映画)
「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」
「プライドと偏見」
など

  



トムはとっても低くて渋い声が特徴的でライブエイドのメンバーを読み上げてたシーンがとても印象的で格好良かったですが、
やはりあの声を活かした声優業もこなしてるようです。


声優としての作品
「American Dad!」
「ファミリーガイ」

 


【クイーン情報】最後の来日公演「WE ARE THE CHAMPIONS FINAL LIVE IN JAPAN」がBlu-ray化決定!

Posted by 録画ミスの女王 on   0 





日本での最後のツアーとなった伝説のライブ「WE ARE THE CHAMPIONS FINAL LIVE IN JAPAN」が再販&初ブルーレイ化決定!


なんと、クイーンが日本で最後に行った公演「WE ARE THE CHAMPIONS FINAL LIVE IN JAPAN」のDVDが再販&初のブルーレイ化!
発売日は2019年5月11日。なんとライブ公演日を同じ日にちという粋なことをしてくれるようです!


1985年のライブといえば、あのライブエイド直前のライブですね!
この時はメンバーの仲もそんなに良くなかったという時期・・・。
これはファンとしては見てみたいライブ!


b_ornament_112_0S.png

解散騒動について&ライブエイド直前のクイーンは日本公演を行っていた

b_ornament_112_0S.png

【ボヘミアン・ラプソディ】キャスト紹介(6)エイダン・ギレン(ジョン・リード役)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

映画 ボヘミアン・ラプソディ感想(ネタバレ) > キャスト紹介(6)エイダン・ギレン(ジョン・リード役)


ボヘミアン・ラプソディに出演しているキャストの紹介です


目次
・エイダン・ギレン(ジョン・リード役)のプロフィール
・ジョン・リードのプロフィール



エイダン・ギレン(ジョン・リード役)のプロフィール



クイーンのマネージャーを担当したジョン・リードを演じたのは、アイルランドの俳優エイダン・ギレン


エイダン・ギレン
1968年4月24日アイルランド/ダブリン生まれ

エイダンは看護婦の母、建築家の父の元で育ちました。
また、彼の兄弟も芸能界で活躍していてJohn Paul Murphyは劇作家、Fionnuala Murphyは女優として活躍しています。
しかしなぜエイダンだけが「ギレン」と名乗っているのか、
それは「エイダン・マーフィー」という名で活動している俳優が既にいたからだとか。
そのためエイダンは母親の姓の「ギレン」を使用することに決めたそうです。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のリトルフィンガーこと、ピーター・ベイリッシュ役で有名。




また、映画には「ダークナイトライジング」や「メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮」などにも出演。

 


プライベートでは2001年の夏にOlivia O'Flanaganと結婚、1997年と2001年に2人の子供をもうけますが、2014年に離婚。




【ボヘミアン・ラプソディ】主演男優賞をはじめ、アカデミー賞4冠達成!そしてクイーンもアカデミーのオープニングを飾りました!

Posted by 録画ミスの女王 on   0 


ボヘミアン・ラプソディ
Photo by Rob Laughter on Unsplash


ボヘミアン・ラプソディ、アカデミー4冠達成!


ボヘミアン・ラプソディ オフィシャルアカウントより



なんと「ボヘミアン・ラプソディ」がアカデミー賞4冠達成しました!!
なんということでしょうw
主演男優賞を見事に受賞したラミ・マレックは本当に勢いがついてますね。
まさか本当に受賞できるとは思わなかった!少しは期待してたけど、アカデミーのことだから絶対意外性を持ってくると思ったのですが、主演男優賞はこれまで数々の賞を総なめにしてきたラミ・マレックで落ち着いてくれました。


ラミ・マレックのプロフィールはこちら↓
【ボヘミアン・ラプソディ】キャスト紹介(1) ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)


残念ながら作品賞を受賞はできませんでしたが、なんとまぁアカデミーらしい結果だと個人的には思ってます。


アカデミー賞では
主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞を受賞しました!
本当におめでとうございます!!!!!!


そして我らがクイーンもアダム・ランバートと共に華麗にオープニングを飾ってくれました!
最高に格好よかった!!!


ブライアン・メイ オフィシャルインスタグラムより



滅多に洋服を買わないという博士が今回の受賞式のためにお買い物をしたときのインスタはこちら↓


ブライアン・メイ オフィシャルインスタグラムより



博士が着用しているブランドは

シルクのシャツ=サンローラン
ジーンズ=トゥルーレリジョン
指輪とチェーン=グレートフロッグ

だそうです^^


View this post on Instagram

Today's the day! 🤞 . . #oscars2019 📷 Sarina Taylor

rogertaylorofficialさん(@rogertaylorofficial)がシェアした投稿 -

ロジャー・テイラー オフィシャルアカウントより



ロジャーは相変わらずおしゃれな写真をアップしてくれますね~♪


今回は音響編集賞も受賞しましたが、私がIMAXで映画を観たとき、
最初から最後まで涙が止まらなかったのは、やはりおかしくなかったんだな!って思いますwww
自信を持ちます!!w


「映画 ボヘミアン・ラプソディ」本当におめでとうございます!!!
そしてありがとう!!


次は日本版Blu-ray&DVDの特典映像に期待しますよ~!!!



DVD予約はAmazonで!


【絶対買うべき】クイーン ライヴ・ツアー・イン・ジャパン 1975-1985がすごい!秘蔵写真満載でお値段以上の価値!【レビュー】

Posted by 録画ミスの女王 on   0 


【クイーン番組情報】Queenのライブ映像3作品が、3月にWOWOWで一挙放送決定!



シンコーミュージックさんより発売されたムック本「クイーン ライヴ・ツアー・イン・ジャパン 1975-1985」がものすごいので、今回はレビューを書かせていただきますm(_ _)m



クイーン ライヴ・ツアー・イン・ジャパン 1975-1985



この値段で本当に良いんですか!?っていうレベルの写真満載本

「クイーン ライヴ・ツアー・イン・ジャパン 1975-1985」は
クイーンが来日時の秘蔵写真が400点以上掲載されているMOOK本なのですが、
MOOK本というより、もうこれは「写真集」です。


大胆にも1ページに1枚の写真を掲載しているページが少なくなく、写真のボリュームもものすごいです。
美しすぎるロジャーも直視できないほど美しく掲載されていて、もう1ページ1ページが濃く、なかなか次のページに行けません。


カラー写真と白黒写真が大体半々くらいの割合ですが、それでもお値段を考えたら
「3,000円じゃ安すぎる・・・・」という言葉が自然と出てきてしまいます。


しかもここ日本に来た時の写真のみが分厚いMOOK本に掲載されていて、ついニコニコ嬉しくなってしまう。
ああ、あのフレディが本当に日本に来ていたんだな・・・と感慨深い気持ちにもなってしまいます。
(70年代の写真では長い脚が際立つ70sファッションで漫画の世界から出てきたようなフレディにクラクラ)



地方を回ってた時のクイーンメンバーのスケジュールまで細かく掲載

そして私が嬉しかったのは、あのクイーンが地方を回ってくれた時のスケジュールが細かく書いてあるところw
これはファンにはたまらないでしょう!!というかすべての来日時のスケジュールは基本色々書いてあってもう、その情報だけで大満足なのです。
それなのに沢山の写真たち・・・もうため息しかでないし、なかなか次のページに進めません(何回だって言う)


そしてミュージックライフの東郷かおる子さんが語っていた「日本に来た時にロジャーやブライアンは髪の毛をファンから引っ張られたり、サンダルは脱げるわでご立腹だった」というお話。
「ううぅ、これは初来日のことなの?でも初来日映像じゃそんなことわからなかったな~」思っていたのですが、
これもこのMOOK本で解決しましたw
日本人女性は集団心理が働くと本当に恐ろしいので、さぞ怖かったことでしょう・・・w
(しかしいくら裏口もファンに囲まれてるとはいえ、なぜ正面から特攻したし・・wとも思ったw)



あの有名な初来日お茶会のワチャワチャ写真も!

クイーンの初来日といったら、やはりあのお茶会ですが、
その時のわちゃわちゃ仲良しな写真もたくさん掲載されていて鼻血ものです。
フレディたちがカメラに向かってメッセージを言ってる場面もカメラマンがパシャパシャと写真を撮っていたんですね~。
や~本当グッジョブですわ。


日本でのお茶会動画はこちら

Queen Officialより



まだちゃんと最後まで読み終わってないのですが、あまりに素晴らしいMOOK本、写真集だったため、今回はレビューを書いてみました。
「映画 ボヘミアン・ラプソディ」からファンになった方にも是非オススメしたい本です!


最初は正直、「3,000円は主婦のお小遣いにはきつすぎる・・・(それでも買う)」と思ったのですが、
届いた瞬間に分厚さに驚き、ペラペラ数ページ見ただけでニコニコ顔で

「なんだこれ最高かよ^^3,000円で良いのですか?5,000円出しても良いです(ニンマリ)」

と思ったほどでした。

このカテゴリーに該当する記事はありません。