FC2ブログ

ああ、あの頃の海外ドラマ!

主に90年代~00年代の海外ドラマのレビューや、あの時代とドラマを彩った洋楽など紹介するブログです。映画の感想も年代問わず書きます。

【キャスト紹介】ヤングスーパーマン トム・ウェリング&野島健児(クラーク・ケント役)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

ヤングスーパーマン作品紹介 > キャスト紹介(トム・ウェリング/野島健児)


ヤングスーパーマンに出演しているキャストの紹介です


トム・ウェリング(クラーク・ケント役)



1977年4月26日ニューヨーク州生まれ

トムもついに40代に突入です!最近はヤングスーパーマンの頃より筋肉増量したようです。
俳優として活動するまえはモデルとして活躍していたトム。

彼は人気絶頂の2002年に年上女性と結婚していましたが、2012年に離婚。
この離婚ではヤングスーパーマンファンだった当時の10代女子たちが思い出したかのように歓喜の声を上げたとか。
そして現在はJessica Rose Leeという女性と婚約中です!
※2019年11月30日に結婚&可愛い息子くんも生まれています^^

So grateful for my perfect beautiful little family ✨💛💫✨💛💫

Jessica Rose Leeさん(@jessiroselee)がシェアした投稿 -


次のお相手は10歳年下なようです!やはり若いほうがいいんか!?

そうか!!!!!!

しかしドナルド・トランプの娘さんみたいな素敵なルックスで
隣にいても負けないですね~。なんかおしゃれなカップル。


この投稿をInstagramで見る

#happy #sun #day #love #summer #family

Tom Welling(@tomwelling)がシェアした投稿 -


そして可愛い可愛いご子息。
トムは最初の頃は赤ちゃんの顔をインスタにはアップしてなかったので、
写真上げない主義だと思っていたのですが、横顔が解禁されてますね。
自然好きなご夫婦なようなのでファンやマスコムに追いかけまわされるのは嫌だろうし、
素敵な写真がポツポツ更新されるトムのインスタは幸せに溢れています!


この投稿をInstagramで見る

Like father like son #love #father #son #family @shopsaddleclub #dad

Tom Welling(@tomwelling)がシェアした投稿 -


ちなみにこちらはトムの赤ちゃんの頃の写真w
お父さん・・・・wトムじゃんwwwwwwwww



さて、ヤングスーパーマンのオーディションが開催されていた当時は、
スタッフから熱烈オファーを受けていたトムは何度かクラーク・ケントの役をお断りしていました。
しかしあの青いスーツを着ないという条件でクラーク・ケント役を引き受けたのです。
一番最初に役が決まっていたのは、ラナ・ラング役のクリスティン・クルック。
彼女とのカメラテストでもスタッフたちが納得するほどの相性の良さ。
これは逃してはならぬと頑張ったようですね。
演技未経験だった彼を大抜擢するってよっぽどルックスに惚れこんだと思われます(私も惚れこんでます)

演技指導はジョナサン役のジョン・シュナイダーだったとか。
演技というものが初体験のトムに撮影の流れなどを教えていたそうです。



さて、最近のトムのお仕事は・・・
ルシファー」に出演中です!




過去にはヒラリーダフと一緒に出演してた映画「12人のパパ(2003)」がありました
この頃のティーンエイジャーのアイドルといえばヒラリーダフでしたね~。
「So yesterday」とかもう聞いただけで若返りますっ!





現在トムは主役級のお仕事はされてないようです。
クラークケントのイメージが強すぎますし、働かなくても食べてけるでしょう!←


トム・ウェリングその他出演作品


「ザ・フォッグ」





「12人のパパ シリーズ」







「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間(2013)」





「きみがくれた物語(2016)」




(しっかし、きみに読む物語だの、きみがくれた物語だの、、邦題考える人もっと頑張れよ)

スポンサーリンク

野島健児(日本語吹き替え版クラーク・ケント役)



1976年3月16日東京都杉並区生まれ

ティーン時代のクラーク・ケントの声に大抜擢されたのは野島健児さん。
心優しいクラークの声に本当にぴったりです!
聞いていてとても心地いい素敵なお声ですよね。
まさに好青年声!

ヤングスーパーマンでは10年間演じ切っていただき、本当に感謝です。
が、DVDには途中から収録されていないという・・・。。。

ヤングスーパーマンはNHK時代から放送体制がグダグダ(1時間ドラマを2分割して30分ドラマにしていた)
シーズン1の最終回が衝撃的なのに、シーズン2は放送しないというNHK・・・。
そんな不遇時代がヤングスーパーマンにはあったのですよ。。。

しかしながら、我らがAXNさんが頑張ってくれた!
NHK教育で放送されていた当時の声優陣を揃え、続きを放送してくれたんですよ~。
しかしその声優さんたちの吹き替えもAXNの放送でしか拝めなくなって、
再放送もなかなかしてくれないし、、録画して保存がなかなかうまくいきなかった私でした。

ワーナーブラザーズさ~ん、お願いですから野島健児さんはじめとする吹き替え版の収録をお願いします。
(しかしクロエ役のアリソン・マックの逮捕により絶望的になってしまったのはわかってる・・・)



野島健児その他出演作品


「ザット'70sショー」



主人公のエリック・フォアマン役!
今思い出すと、確かに野島さんのお声でしたね!
懐かしい~。
ザット'70sショーも面白いドラマでした。
また再放送してくれないかな~。。。
本当にこの時代のドラマ(特にコメディ)なかなか放送してくれませんね・・・

今となっては豪華なメンバーが揃ったドラマでしたね!




「SEX AND THE CITY」



シーズン3 第17話「男と女のカルマ」
サム・ジョーンズ役(男子学生)

あ~どっかで聞いたことがある声と思ったらw
こちらも野島さんだったんですねw
「サム!?サムだけど!ねえ!いるの!?サム!?」ってストーカー化した演技は最高でした!


関連記事
録画ミスの女王

30代の子育て中の主婦です 90年代、00年代の海外ドラマが大好き 洋楽もほとんどは海外ドラマから学び 10代〜20代は海外ドラマとともに育ちました

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。