FC2ブログ

ああ、あの頃の海外ドラマ!

90年代~00年代の海外ドラマのレビューや、あの時代とドラマを彩った洋楽などをご紹介

ヤングスーパーマン キャスト紹介(2)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

ヤングスーパーマン作品紹介 > キャスト紹介

ヤングスーパーマンに出演しているキャストの紹介です

(1)はこちら

マイケル・ローゼンバウム(レックス・ルーサー役)

1972年7月11日ニューヨーク州生まれ
冷酷な後の宿敵、レックス・ルーサーを演じたマイケル、
役とは違ってコメディアン並みに面白い方のようです。
まだレンタルビデオ店が文字通りビデオテープレンタルだったとき
「女子寮潜入大作戦!ソロリティボーイズ」というコメディ映画を見ました
もちろんマイケル目当てで。
レックス役とは似ても似つかない役どころにくぎ付けになりレンタルしましたw
この作品は本当おもしろくて、男子寮を追い出されたため女装して女子寮に泊めてもらう
というくっだらない内容なのですがwwおもしろかったw
こういうくだらないアメリカコメディ映画って最近少ないような気がするんですが・・・
00年代も結構おもしろいコメディ映画多かったですね~
アメリカンパイシリーズとか00年代代表でしょうか?

このソロリティボーイズは日本ではDVD化されてないので
ビデオレンタルからビデオテープがなくなった今
見ることができません・・・本当に残念です。

マイケル・ローズンバウムその他出演作品
「スウィートノーベンバー(2001)」「女神が家にやってきた(2003)」
「レーシング・ストライプス(2005)」「キリング・ショット(2011)」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)」

ガーディアンズオブギャラクシー2はまだ見れてないので
今度見てみたいと思います!!!

ジョン・シュナイダー(ジョナサン・ケント役)

John Schneiderさん(@thejohnschneider)がシェアした投稿 -


1960年4月8日ニューヨーク生まれ
身長190cm越えのイケオジです。ドイツ系なんですって
俳優業としては「爆発!デューク」が有名で一般人からは
「デューク!?」と話しかけられることが多くウンザリしていたそうですがw
SMALLVILLEでジョナサン・ケントを演じてからは
「ジョナサン!」と話しかけられるのがとても嬉しかったとか♥
俳優業だけでなくカントリーシンガーとしても活動しているそうです。

息子、クラーク・ケント役のトム・ウェリングとはプライベートでも大の仲良しなそうです
実際、演技経験がほぼ0だったトムに演技を教えたのはジョンだったそうです。

アネット・オトゥール(マーサ・ケント役)
1952年4月1日テキサス州ヒューストン生まれ

クラークの優しい母親マーサ・ケント
昔見ていたころはこんなお母さんいいな~うらやましいと思っていたけど
大人になって子持ちになった今は
こんな母ちゃんになりてええええええええええええ
でもここまで優しく接して上げれるってすげえええええええええ
って思うようになりました
ケント夫妻は私の憧れであり、目標みたいになってますw
わが子がティーンエイジャーになるときに更年期障害になりませんよーに←

マーサ・ケント役のアネット・オトゥールは昔のスーパーマンの映画
「スーパーマンIII(1983)」でラナ・ラング役を演じてるんです!
この映画見たことあるんですが、本当チョイ役でしたよね?
ちょっと記憶があいまいですが、、
若いころに演じたラナ・ラング役がきっかけで
マーサ役がゲットできたなんて!ご本人もびっくりしたことでしょう

あとケント夫妻は日本語吹き替え版の声がグッジョブ過ぎると思いませんか?
優しい両親の声・・・
本当すごいナイスキャスティング
加藤亮夫さん、服部幸子さんありがとう!!!

アネット・オトゥールその他出演作品
「48時間(1982)」「愛ここにありて(2000)」
「新・ヒッチコック劇場」「刑事ナッシュ・ブリッジス」



関連記事

スポンサーリンク

録画ミスの女王

30代の子育て中の主婦です 90年代、00年代の海外ドラマが大好き 洋楽もほとんどは海外ドラマから学び 10代〜20代は海外ドラマとともに育ちました

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。