FC2ブログ

ああ、あの頃の海外ドラマ!

90年代~00年代の海外ドラマのレビューや、あの時代とドラマを彩った洋楽などをご紹介

ヤングスーパーマン キャスト紹介(2)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

ヤングスーパーマン作品紹介 > キャスト紹介

ヤングスーパーマンに出演しているキャストの紹介です

(1)はこちら

マイケル・ローゼンバウム(レックス・ルーサー役)

1972年7月11日ニューヨーク州生まれ
冷酷な後の宿敵、レックス・ルーサーを演じたマイケル、
役とは違ってコメディアン並みに面白い方のようです。
まだレンタルビデオ店が文字通りビデオテープレンタルだったとき
「女子寮潜入大作戦!ソロリティボーイズ」というコメディ映画を見ました
もちろんマイケル目当てで。
レックス役とは似ても似つかない役どころにくぎ付けになりレンタルしましたw
この作品は本当おもしろくて、男子寮を追い出されたため女装して女子寮に泊めてもらう
というくっだらない内容なのですがwwおもしろかったw
こういうくだらないアメリカコメディ映画って最近少ないような気がするんですが・・・
00年代も結構おもしろいコメディ映画多かったですね~
アメリカンパイシリーズとか00年代代表でしょうか?

このソロリティボーイズは日本ではDVD化されてないので
ビデオレンタルからビデオテープがなくなった今
見ることができません・・・本当に残念です。

マイケル・ローズンバウムその他出演作品
「スウィートノーベンバー(2001)」「女神が家にやってきた(2003)」
「レーシング・ストライプス(2005)」「キリング・ショット(2011)」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)」

ガーディアンズオブギャラクシー2はまだ見れてないので
今度見てみたいと思います!!!

ジョン・シュナイダー(ジョナサン・ケント役)

John Schneiderさん(@thejohnschneider)がシェアした投稿 -


1960年4月8日ニューヨーク生まれ
身長190cm越えのイケオジです。ドイツ系なんですって
俳優業としては「爆発!デューク」が有名で一般人からは
「デューク!?」と話しかけられることが多くウンザリしていたそうですがw
SMALLVILLEでジョナサン・ケントを演じてからは
「ジョナサン!」と話しかけられるのがとても嬉しかったとか♥
俳優業だけでなくカントリーシンガーとしても活動しているそうです。

息子、クラーク・ケント役のトム・ウェリングとはプライベートでも大の仲良しなそうです
実際、演技経験がほぼ0だったトムに演技を教えたのはジョンだったそうです。

アネット・オトゥール(マーサ・ケント役)
1952年4月1日テキサス州ヒューストン生まれ

クラークの優しい母親マーサ・ケント
昔見ていたころはこんなお母さんいいな~うらやましいと思っていたけど
大人になって子持ちになった今は
こんな母ちゃんになりてええええええええええええ
でもここまで優しく接して上げれるってすげえええええええええ
って思うようになりました
ケント夫妻は私の憧れであり、目標みたいになってますw
わが子がティーンエイジャーになるときに更年期障害になりませんよーに←

マーサ・ケント役のアネット・オトゥールは昔のスーパーマンの映画
「スーパーマンIII(1983)」でラナ・ラング役を演じてるんです!
この映画見たことあるんですが、本当チョイ役でしたよね?
ちょっと記憶があいまいですが、、
若いころに演じたラナ・ラング役がきっかけで
マーサ役がゲットできたなんて!ご本人もびっくりしたことでしょう

あとケント夫妻は日本語吹き替え版の声がグッジョブ過ぎると思いませんか?
優しい両親の声・・・
本当すごいナイスキャスティング
加藤亮夫さん、服部幸子さんありがとう!!!

アネット・オトゥールその他出演作品
「48時間(1982)」「愛ここにありて(2000)」
「新・ヒッチコック劇場」「刑事ナッシュ・ブリッジス」



スポンサーリンク

【1】ヤングスーパーマン キャスト紹介(トム・ウェリング&クリスティン・クルック)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

ヤングスーパーマン作品紹介 > キャスト紹介

ヤングスーパーマンに出演しているキャストの紹介です


トム・ウェリング(クラーク・ケント役)


7 days and counting counting @luciferonfox

Tom Wellingさん(@tomwelling)がシェアした投稿 -


1977年4月26日ニューヨーク州生まれ

トムもついに40代に突入です!最近はちょっと太ったようですね。
俳優として活動するまえはモデルとして活躍していたトム。

彼は人気絶頂の2002年に年上女性と結婚していましたが、2012年に離婚。
この離婚ではヤングスーパーマンファンだった当時の10代女子たちが思い出したかのように歓喜の声を上げたとか。
そして現在はJessica Rose Leeという女性と婚約中です!

So grateful for my perfect beautiful little family ✨💛💫✨💛💫

Jessica Rose Leeさん(@jessiroselee)がシェアした投稿 -


次のお相手は10歳年下なようです!やはり若いほうがいいんか!?

そうか!!!!!!

しかしドナルド・トランプの娘さんみたいな素敵なルックスで
隣にいても負けないですね~。なんかおしゃれなカップルや。

ヤングスーパーマンのオーディションが開催されていた当時、
スタッフから熱烈オファーを受けていたトムは何度かクラーク・ケントの役をお断りしていました。
しかしあの青いスーツを着ないという条件でクラーク・ケント役を引き受けたのです。
一番最初に役が決まっていたのは、ラナ・ラング役のクリスティン・クルック。
彼女とのカメラテストでもスタッフたちが納得するほどの相性の良さ。
これは逃してはならぬと頑張ったようですね。
演技未経験だった彼を大抜擢するってよっぽどルックスに惚れこんだと思われます(私も惚れこんでます)

さて、最近のトムのお仕事は・・・
ルシファー」に出演中です!




過去にはヒラリーダフと一緒に出演してた映画「12人のパパ(2003)」がありました
この頃のティーンエイジャーのアイドルといえばヒラリーダフでしたね~。
「So yesterday」とかもう聞いただけで若返りますっ!

現在トムは主役級のお仕事はされてないようです。
クラークケントのイメージが強すぎますし、働かなくても食べてけるでしょう!←

トム・ウェリングその他出演作品
「ザ・フォッグ」「12人のパパ 2(2005)」
「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間(2013)」「きみがくれた物語(2016)」


(きみに読む物語だの、きみがくれた物語だの、、邦題考える人もっと頑張れよ)

クリスティン・クルック(ラナ・ラング役)

1982年12月30日カナダ・バンクーバー生まれ

一度でいいからこの顔になって街を練り歩きたい・・・

なんて美人なんだ!!!!!!!!

このルックスでラナ・ラング役をゲットしたわけですが、
なんとクラークよりも先に配役が決まったのです。
それほど彼女のルックスにスタッフは打ちのめされたのでしょう
彼女を中心に配役を決めていったそうです。

彼女はヤングスーパーマン終了後も主演級のドラマに出ているようですね
ここはアメリカとカナダの違いなのかしら?
イメージが強すぎて仕事がなくなるってことはないのかな?

性格はかなりのシャイで自己啓発セミナーに通うほどだったそうですが
この通っていたセミナーがあのNXIVM...
クロエ役のアリソン・マックがNo2のカルト教団です
クリスティンによると23歳の時にセミナーに通いだしたそうですが5年前に脱退しており、
カルトメンバーともあまり連絡は取ってなかったようです
23歳のときってことは2005年頃・・
もうバリバリヤングスーパーマン出てますがな・・・

人見知り克服のためにセミナーに通っていたそうですが
ニュースになったような「性奴隷」や「人身売買」には関わってないとのことです
このカルトにはクリスティンがクロエに紹介したとの話もありましたが

そうなると・・・

スモールビルの現場って結構過酷だったのかなとか考えちゃいました。
だって人気女性メンバーが二人とも自己啓発セミナーに通ってるんだからね・・・
そしてひとりは人気が落ちることなく女優の仕事を続け、
もうひとりはカルトにどっぷりハマってしまい、実質トップ2に・・・

しかしこの「性奴隷」「人身売買」の衝撃が大きすぎて
変なイメージがつかないことを祈ります。
頑張れクリスティン!!!

彼女は現在カナダドラマ「Burden of Truth」に主演しております
ストーリーもとても面白そうなので日本でも見れるといいですね!
私の予想はAXN JAPANで放送するはずだ!!もしくはAXNミステリー!
頑張れよスカパー勢!!

クリスティン・クルックその他出演作品
「スノーホワイト/白雪姫(2001)」(こちらはNHKでも放送されたことがあります)
「ユーロトリップ(2004)」「ゲド~戦いのはじまり~(2005)」
「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー(2009)」
「ビューティ&ビースト/美女と野獣(2012)」

そういえば彼女はレジェンドオブチュンリーで日本来日しています
その時はロングヘアではなくショートヘアだったのを今でも覚えてます^^





スポンサーリンク

ヤングスーパーマン SMALLVILLE(2001-2011)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

esteban-lopez-482093-unsplash.jpg
Photo by Esteban Lopez on Unsplash

ヤングスーパーマン SMALLVILLE(2001-2011)

キャスト

トム・ウェリング(クラーク・ケント)/野島健児
クリスティン・クルック(ラナ・ラング)/甲斐田裕子
マイケル・ローゼンバウム(レックス・ルーサー)/福田賢二
アリソン・マック(クロエ・サリバン)/永田亮子
サム・ジョーンズ三世(ピート・ロス)/林勇
ジョン・シュナイダー(ジョナサン・ケント)/加藤亮夫
アネット・オトゥール(マーサ・ケント)/服部幸子
ホイットニー・フォードマン(エリック・ジョンソン)/大水忠相


ヤングスーパーマン キャスト紹介(1)
ヤングスーパーマン キャスト紹介(2)
ヤングスーパーマン キャスト紹介(3)

主題歌

Remy Zero - Save Me

収録アルバム:The Golden Hum


Save MeをAmazonデジタルミュージックでダウンロード

Save Meはヤングスーパーマンのサントラにも収録されています。


簡単な作品紹介

誰もが知るスーパーヒーロー、スーパーマンの出生の秘密や青春時代を描いた作品。
隕石が落ちた町、スモールビルでは不可解なことが次々に起こり、
敵となる人物との闘いや秘密を守るケント一家がどう問題に対処するのかが毎回の見どころ。
そして高校生のクラークの恋愛模様も注目です。

エピソードリスト

シーズン1
シーズン2
シーズン3
シーズン4
シーズン5
シーズン6
シーズン7
シーズン8
シーズン9
シーズン10

ヤングスーパーマン視聴情報(2018年10月現在)

現在スカパーなどでは放送がありません。

Amazon Prime Videoならヤングスーパーマンが各話レンタルor購入できます。

(字幕版のみ)

DVD版にはシーズン6まで日本語吹き替え版が収録されています。
何があったのかは知りませんが、なぜシーズン7からは字幕版のみなのか・・・。
DVDを安く販売するため???
AXNではシーズンファイナルまで日本語吹き替え版で放送していたので余計に残念です。
またAXNでの再放送を希望しますが、アリソンの件があったので再放送は絶望的です・・・
Somebody save me~・・・
でもAXNで放送当時も何度か私は再放送希望メールをAXNさんに送っていたのですが(録画ミスしたからだよ!)
一度もアンコール放送されることはありませんでしたね。(記憶違いだったらすみません)
ファイナルシーズン放送後も一度もシーズン1から放送してないし・・・
(CSIシリーズはあんなに放送してるのにね~)

作品の感想や思い入れ、思い出など

ヤングスーパーマンは日本ではあまり人気がないようですが、私は大好きです。
スーパーマンってことでヒーローもの、アメコミ?ださい?つまんなそう。って拒否反応が出てしまうと思いますが、、
SFよりも青春ドラマに近い作品だと個人的には思っています。
SF青春ラブストーリーという感じでしょうか。

なにより出演者が美男美女しかいないので、ダサさとは無縁です。
このドラマを知ったきっかけが、海外ドラマ雑誌でした。
たしかNHKさんが出しているステラの特別号だったかな、
海外ドラマ特集号があったのです。
そこにちょっとだけ載っていたヤングスーパーマン
紹介されている記事を見て、これは見てみたい!と強く思ったのでした

そしてこのドラマの前にアメリカの一部のティーンから絶大な支持を得ていたのが

ロズウェル~星の恋人たち~



こちらは宇宙人との恋を描いた作品ですが、
当時としてはクラークも宇宙人といえば宇宙人なので
作品がすこしかぶってるなという印象もありました。
(実際使用されてる挿入歌もかぶってたりしました。)

しかしアメリカではSMALLVILLEの人気が勝ち、残念ながらロズウェルは放送終了
もちろんヤングスーパーマンのせいというわけではないですが
実際ライバル番組のような立ち位置にいたのは間違いないようでした。

そしてヤングスーパーマンは日本では2003年にNHK教育にて放送を開始。
1時間番組を2つに分割して30分ドラマとして無理やりNHK教育にねじ込んだんですね~
そんなことをしてまで放送したのに
シーズン2は放送しなかったのです・・・

きっと放送してみてわかったのが
結構グロいし、きわどい、これ教育チャンネルでは放送できひんやろ!
ってなったのかなと勝手に思ってます。
スーパーマンものだからもっと子供が見ても大丈夫なものだと思っていたのかな
シーズン2ではもっとセクシーになりますもんね!(フェロモン先生とかね)

NHKに見放されたヤングスーパーマンはそのあと無事に
AXN JAPANさんにて放送されたのでした
(これがきっかけで私はスカパーに加入!)

そして私は無事に(!)シーズン2途中で録画失敗をして
見るのをやめたのでしたwww

それでもドラマの雰囲気が大好きでずっと心に残ってる作品です
なによりクラーク役のトム・ウェリングがタイプすぎて
一時期ケータイのメアドにしてたくらいですよ!!(古)
最近DVDを購入してシーズン1から見直してるのですが
やはり格好良すぎて体温あがるし若返った気分になります♡←
あの時代を思い出しながら、しばらくヤングスーパーマンを楽しもうと思います

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

スポンサーリンク

ご挨拶

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

tina-rataj-berard-168378-unsplash.jpg
Photo by Tina Rataj-Berard on Unsplash

こんにちは
00年代海外ドラマが大好きな30代子育て中の主婦、録画ミスの女王と申します。

「海外ドラマ」といって思い出すのは数々の名作とともに、
昔から録画の失敗を何度も何度も繰り返していたことw
その悔しい思いから名前を “ 録画ミスの女王 ”とさせて頂きました。

実は今でも録画に失敗しては泣いてるんですが、
昔に比べたら今はAmazonプライムなどのネット配信で、好きな時に好きなドラマが見れる良い時代になりましたね。

そんな時代でも私はまだスカパーを契約しています。
(海外ドラマは録画してディスクに保存しておきたいタイプ)


それでも、子供が生まれたのをきっかけにAmazonプライム会員になったので、プライムビデオでドラマを見ることもあります。
私のように録画に失敗して見逃した回をいつでも好きな時に見れるのは
本当に助かりますし、便利だし最高ですね。


Prime Videoだけじゃなく、日用品やおむつも送料無料で届くのがリアルに助かります。

さて、このブログは海外ドラマ(特に00年代)の感想などを書こうと立ち上げました。
なぜ00年代なのか?
それは面白い海外ドラマがたくさんあった時代だからです!!!!!(個人的に)
私はいまだに引きずってるのです・・・
あの時代のNHK22~23時台に放送されてた海外ドラマのラインナップ・・・
素晴らしかったですよ。

今はその時間帯は韓国ドラマでしょうか?(ちがう?)
その頃は、海外ドラマ=欧米の海外ドラマのことでした。
あの冬のソナタから始まった韓ドラブームがアメドラファンを殺したと思いませんか?

私は00年前半の
長年愛されてきたビバヒルからのロズウェル
夜中のダーマ&グレッグ
ウィル&グレイス(こちらはなんとシーズン2で放送終了というひどい扱い)
金曜日のアリーマイラブ
その時代が本当に大好きでした。
(そして真夜中から朝方にかけて再放送されるビバリーヒルズ青春白書(大学時代))

夕方の時間帯も90年代は海外ドラマが毎日放送されていましたね。
この時間帯の代表格はフルハウスやアルフでしょうか。
私はおまかせアレックスやティーンズ救命隊が大好きでしたね
グースバンプスとかも懐かしいですね~。

そしてなんといっても忘れられないのは
00年代に放送していた

ヤングスーパーマン

NHK教育が1時間のドラマをふたつに分割して放送し
しかもシーズン1で終わらせたこと

私はいつまでも覚えてる!!!!w

竜巻にラナが飲み込まれて行ったラストシーンで放送を終わらせた
あのひどい放送・・・

私は忘れません!!!!!!!

きっとウィル&グレイスでも裏切られたので
余計に・・・ね・・・w

しかしそのあと無事にAXN JAPANさんが続きを放送してくれたのでした。
それがきっかけで私はスカパーに入りました^^

しかし録画の女王・・・
女王ですから!!!!!!

録画失敗して途中で見るのやめたんですがね!!←

・・・・・・

そして現在、
あれから十数年が経ち、最近DVDを買ったんです。ヤングスーパーマンの。
毎日の子育てに疲れて癒しを求めていたのでしょう。

見てるうちにうずうずしてきて、あの頃の情熱が戻ってきたかのように心が躍るんです
トム・ウェリング格好いいし←
ジョナサンも最高の旦那様だし←
やっぱりヤングスーパーマンは最高だな~と。

そしてなによりあの時代の洋楽が大好きで
番組で使用されている音楽を聴いてたらいろんな感情が沸き上がってきて
この気持ちを文章に残したいと思うようになり、ブログを立ち上げることにしました。

絶賛子育て中のため更新は遅いと思いますが
お暇な時にでも、ちらっと見てもらえたらありがたき幸せです。



スポンサーリンク

該当の記事は見つかりませんでした。