FC2ブログ

ああ、あの頃の海外ドラマ!

主に90年代~00年代の海外ドラマのレビューや、あの時代とドラマを彩った洋楽など紹介するブログです。映画の感想も年代問わず書きます。

コールドケース シーズン1 第6話「ハレー彗星(Love Conquers Al)」の感想、挿入歌リストなど

Posted by 録画ミスの女王 on   0 



コールドケース作品紹介 > コールドケース シーズン1 エピソードリスト(シーズン1まとめ) > コールドケース シーズン1 第6話「ハレー彗星(Love Conquers Al)」



コールドケース シーズン1 第6話「ハレー彗星(Love Conquers Al)」
Photo by Juskteez Vu on Unsplash


コールドケース 第6話「ハレー彗星(Love Conquers Al)」

米国放送日:2003年11月9日
監督:グレッグ・ヤイタネス
視聴者数:1,439万人

☆スコッティ・バレンズ初登場回

簡単なあらすじ



別件で逮捕されたリッキーという男が81年のペイジ・プラット事件で情報があると取引をしてくる。
しかしこの事件は83年に当時のペイジの恋人、アル・クラークソンが逮捕され終身刑を言い渡されていた。
リッキーはウィル・ハレルという男が血のついてた車を洗っていたと情報を提供し、リリーは再捜査へと動く。


今回の事件



1981年6月 ペイジ・プラット事件

女子高生のペイジがスクールキル川の近くで遺体で発見される。
ペイジは頭を三回殴打され撃たれていた。


当時関わっていた人物たち(※ネタバレ含みます)



※ネタバレ含みます


アル・クラークソン
ペイジの当時の恋人で、現場には彼のネックレスのチェーンやタイヤ痕が残っていたり、
21歳で16歳の子と付き合っていたこともあり有罪。終身刑の身に。
やきもち焼きで陸上の大会で化粧をしていたペイジに文句を言っていた。


リッキー・ストックヴィス
当時ハレルの自動車修理工場で働いてたこそ泥。
工場のオーナーの息子、ウィル・ハレルが血の付いた車を掃除しているところを目撃する。


ウィル・ハレル
自動車工場の息子。
当時乗っていた車はトランザムでペイジが亡くなって6日後に車を破格の値段で売り払っている。
しかし高校も別なペイジとの接点がない。



ベネット・ケイヒル
ウィルと同じ高校に通うベネットは当時は生徒会長、プリンストン大学へ進学。
現在は外科医をするエリート。高校時代は陸上部に所属しており、そこでペイジとの接点があった。


ジェイン
当時のベネットの恋人。高校4年間真剣交際していたが、大学に進学後自然消滅。
高校のチアリーダーとして有名で他校の子でも彼女を知るほどだった。


ハイディ
ペイジの親友で手紙のやり取りをしていた仲良し。
ペイジがベネットに惚れてることも知っており、ベネットの彼女のジェインがあまり好きではなく、嫌な女だと思っていた。


犯人&犯行



※がっつりネタバレです


陸上の大会で面識があったペイジとベネットは、大会後に関係を持ってしまう。
ペイジはずっとベネットに惚れていたが、ベネットには愛し合っていた彼女がいた。
その彼女のジェインに浮気を告白。
ジェインは関係を「やり直すにはペイジを殺すしかない。殺せば綺麗な体に戻れる」とベネットを説得。

ある晩にベネットはペイジを呼び出し、ペイジを殺害する。


第6話「ハレー彗星(Love Conquers Al)」の感想



今回は遂にスコッティが登場です。

第5話まで出演していたクリスは糖尿病で異動ってことらしいですが、
実際はどうだったんだろうwリリーはなんだか含みのある言い方をしてましたよね。
「脱落じゃない」と。
糖尿病で既婚者で夜遅くまでは働けない、しまいに相棒のリリーは未解決事件にハマってしまってる・・・w
そりゃ異動希望するかもww


久しぶりにコールドケースの初期シーズンを見て思ったのは、
スコッティって最初こんなキャラだったっけ?wってちょっと笑っちゃいましたw
気を張った若造~まだまだ殺人課では浮いてるな~w
このあたりからジェフリーズとヴェラに安心感を抱くようになった視聴者も多いのではw


そして今回の事件は愛しすぎた故の事件・・・こわい・・w
しかしベネットの浮気って彼にとっては初体験ってことでしょうか?
4年間付き合ってたジェインとは体の関係は持ってなかったことに驚きの設定w
学校のスターで彼女はチアリーダーの美人。
プロムではキングとクイーンに2年連続選ばれるほどの勝ち組ですよ!?w
これ殺人を犯さなかったら素晴らしいカップルだったのでは!?w


しかしペイジを殺せば綺麗な体に戻れるって発想がもう怖いですよ、ジェインさん。
ちょっとカルトっぽいですよね。
もしかしたら二人が体の関係を持たなかったのもカトリックだったとかいうこともあり得るのかな?


しっかし今回は一段と俳優さんのチョイスが似てましたね~!



\ コールドケースはU-NEXTで /
(配信が終了してる場合がございます)




コールドケース シーズン1 第5話「ランナー(The Runner)」の感想、挿入歌リストなど

Posted by 録画ミスの女王 on   0 


コールドケース作品紹介 > コールドケース シーズン1 エピソードリスト(シーズン1まとめ) > コールドケース シーズン1 第5話「ランナー(The Runner)」


コールドケース シーズン1 第5話「ランナー(The Runner)」
Photo by Matt Popovich on Unsplash


コールドケース 第5話「ランナー(The Runner)」

米国放送日:2003年10月26日
監督:David Straiton
視聴者数:1,408万人


簡単なあらすじ



殺人課のリリーの元に古いテープレコーダーを持った女性がやってきた。
ジェニングズ団地のゴミ捨て場で拾ったという。
リリーとヴェラが聞いてみると男の声と銃声が録音されていた。


今回の事件



1973年7月20日 ジョー・ワシントン巡査事件

ノースカロライナ出身の黒人の警官で勤続一年目にシャニング駅で銃で3発撃たれ死亡。
警官になる前は軍隊に入っていた。
ジェフリーズの知り合い。

当時の担当刑事はサレッティだが既に亡くなっており話が聞けない。


当時関わっていた人物たち(※ネタバレ含みます)



※ネタバレ含みます


ブッチ・リナルディ
ジョーの当時の相棒。
ジョーを一人で事件現場に行かせてしまい後悔している。
ブッチと別れてから1時間後にジョーは亡くなっている。


グロリア
当時黒人団地に住んでおり、
麻薬の売人が団地をうろついていたため通報した女性。
ジェニングズ団地は管轄外だったがジョーが駆けつけてくれていた。


ダイアン・ワシントン
ジョーの奥さん。
当時妊娠していたが、ジョーが亡くなったショックで流産してしまう。


ディアンテ・ローリンズ
麻薬の売人。
当時はジェニングズ団地を島にしていた。


サミュエラ・ロビンス
サミーのおばあちゃん。
事件直前にジョーから人生をやり直すために団地を出ようと提案されていた。


サミー・ロビンス
ジョーが妹のように可愛がってた女の子。
ジョーが亡くなった日からドラックに溺れる。


メイソン・ダッカー(ランナー)
ジョーの親友。
当時は麻薬の売人でサミーを運び屋として利用していた。


犯人&犯行



※がっつりネタバレです


麻薬の運び屋だった女の子サミーが、ジョーに保護されそうになったため、
メイソンがサミーを車に押し込み、シャニング駅に車を停めサミーを襲おうとするが、
ジョーが追いかけてきたためメイソンがジョーを撃ち殺す。


第5話「ランナー(The Runner)」の感想



今回は被害者がジェフリーズの知り合い警官だったため、捜査にジェフリーズも参加。


しっかし今回のサミーちゃんは事件当時何歳なの~?
小学生なのは確か・・・。あんな小さい子が麻薬に溺れるなんて恐ろしい。
育った環境って本当大事。。


でもまさかのジョーも高校生の時に麻薬打ってたけど、あそこまで更生できるもんかね。
正義感が強いから警官になったんだろうし、生まれ育った団地が忘れられなくて
サミーを救おうと頑張ってたんだろうけどさ。


奥さん妊娠してんだろ~???


もう団地とは縁切って新しい人生歩めばよかったのに・・と思うけど。。
サミーだけは守りたかったんだろうか・・・。
正義感強すぎだろ~・・・。(奥さん可哀想)



\ コールドケース シーズン1 第5話「ランナー」をAmazonで見る /




【毒親回】コールドケース シーズン1 第4話「靴下(Churchgoing People)」の感想、挿入歌リストなど

Posted by 録画ミスの女王 on   0  0

コールドケース作品紹介 > コールドケース シーズン1 エピソードリスト(シーズン1まとめ) > コールドケース シーズン1 第4話「靴下(Churchgoing People)」


コールドケース 第4話「靴下(Churchgoing People)」
Photo by Aaron Burden on Unsplash


コールドケース 第4話「靴下(Churchgoing People)」


米国放送日:2003年10月19日
監督:マーク・ペリントン
視聴者数:1,162万人


簡単なあらすじ



アルツハイマーの女性が1990年の死亡記事を持って徘徊していたため保護された。
念のため殺人課のリリーが面会をすると、その記事の被害者は女性の夫だった。
迎えにきた息子のライアンに事件は解決したのか尋ねると未解決だという。
気になったリリーは再捜査に乗り出す。


今回の事件



1990年2月3日 ミッチェル・ベイズ事件



ケンジントン街で全裸の遺体で発見された49歳の男性。
14か所の刺し傷。財布がなくなっていたため強盗殺人と推測されていた。
信仰深い家庭を持っていた。
当時の担当はギル・シャーマン。
捜査はかなり杜撰だった。


当時関わっていた人物たち(※ネタバレ含みます)




※ネタバレ含みます


シャーロット・ベイズ
ミッチェルの妻。現在はアルツハイマー病になっており
お墓を徘徊してるところを警察に保護される。


ライアン・ベイズ
ミッチェルの息子。事件当時は16歳。
事件当夜は初デートの予定だった。


ティナ・ベイズ
ミッチェルの娘。8年も母親と兄に会っていない。
事件当夜はミッチェルに友達の家まで送ってもらっていた。
子供ながらに父親の浮気に感づいていた。


ドロレス
ケンジントン街の売春婦。当時売春婦仲間ではミッチェル事件を
「あんな人見たことないし、この地域で真っ裸になるなんて変だ」と話題になっていたと教えてくれた。


ヘンリー・ウォルシュ
殺人現場にあったポルノ雑誌に貼ってあったラベルに書いてあった名前。
調べてみると、ジャーマンタウンでカーペット店を経営していた男で3年前に他界。
しかしヘンリーの息子はライアン・ベイズの同級生だったことが判明。
当時ライアンと一緒に好奇心でケンジントン街で売春婦を見てたりしてた。


ジュディ・エンライト
当時教会の聖歌隊員で現在も教会で働いている。
当時はミッチェルと不倫しており、事件当夜にミッチェルに振られている。
ジュディの旦那も二人の関係に気づいていた。


犯人&犯行




※がっつりネタバレです


ミッチェルの浮気を知ったシャーロットがブチ切れてミッチェルを殺害。
息子のライアンに死体を遺棄させる。
シャーロットは日頃から旦那にDVをし、子供たちには怒鳴り散らす毒親だった。


第4話「靴下(Churchgoing People)」の感想




今回の話は「ザ・毒親」がテーマでありまして・・・。
何を隠そう私の親も毒親でして・・・
シャーロットの鬼のような形相を見て実母を思い出したくらいなんですがw
まさに周りからは良い親に見えるタイプで、真面目な子供を持つ家庭なんですよね。
これが一番やっかいで。。まわりにヘルプをしても「いい親を持ってるのに何言ってるんだ」とか言われたりね。


きっとこの話を見た人の中には
「親になんか反抗しろよw16歳なんて反抗期だし何言うこと聞いてんの?弱すぎ」なんて思う人もいるでしょう。
しかし子供のころから怒鳴られ、父親にDVしてる姿を見せられていたら・・・
親に反抗することは無理なんですよね。軽く洗脳と同じです。怒られるのが恐怖なんですから。
しかも16歳。猶更反抗はできません。


ドラマでは描かれてませんが、きっと犯行後ずっとライアンが実家を離れなかったのは
母親シャーロットから脅されてたのだと思います。
「私を見捨てたら遺体遺棄をバラす」と。絶対言ってそうだな。と勝手に思ってます。


もしライアンがこの事件に巻き込まれなかったら、ティナみたいに「母親は異常」と気づき次第、家を出てたと思います。
それでも精神を病んでしまったティナですが(うつ病)、きっと家を出て回復はしたんだとこれまた勝手に思ってます。


しっかし腹立つのが都合よくアルツハイマーになっちゃってる所なんですよね。
弱々しい女性に見えるし、実際リリーも「奥さんが可哀想」って理由で動き出してる。
クッソ腹立つなあww



\ コールドケース シーズン1 第4話「靴下」をAmazonで見る /







そして毒親に悩んでる方へ・・・



おすすめの書籍です。




スポンサーリンク








1990年




今回の年代は1990年。
日本ではバブルが崩壊した年。
ミッチェル事件の2月にはマイク・タイソンが東京ドームでジェームス・ダグラスに10回KO負けをし、
世界ヘビー級王座から陥落している。


1990年に公開された映画

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」



「ゴースト ニューヨークの幻」



アカデミー賞受賞作品「ダンス・ウィズ・ウルブズ」




ゲスト出演者



今回、息子のライアン役を演じていたのは
ジミー・シンプソン
映画「ホワイトハウスダウン」でサイバー攻撃をする敵役を演じてました。

ジミー・シンプソン
1975年11月21日アメリカ合衆国 ニュージャージー州生まれ
今回の「コールドケース」や「CSI:科学捜査班」などにゲスト出演をし、
映画界でも順調にキャリアを伸ばしてる模様。
「デート&ナイト」にも出演している。


挿入歌リスト



b_ornament_112_0S.png
オープニング
George Michael - Faith
Amazonデジタルミュージックでダウンロード

b_ornament_112_0S.png
シャーロットがライアンにダンスを教えてるシーン
Rick Astley - Never Gonna Give You Up
Amazonデジタルミュージックでダウンロード

b_ornament_112_0S.png
ミッチがジュディと別れるシーン
Belinda Carlisle - I Get Weak
Amazonデジタルミュージックでダウンロード

b_ornament_112_0S.png

エンディング&ラストシーン使用音楽



Madonna - Live to Tell
Amazonデジタルミュージックでダウンロード

1986年にリリースされたマドンナの3枚目のアルバムに収録された曲。
今回の事件は90年代ですが、エンディングは86年の歌なんですね。
歌詞的にはこちらの歌がぴったりだったのかも。
もしくは狙ってた歌の許可が下りなかったとか?
スポンサーリンク








次の話>>>第5話「ランナー(The Runner)」へ

コールドケース シーズン1 第3話「猫(Our Boy Is Back)」の感想、時代背景、使用音楽のまとめなど

Posted by 録画ミスの女王 on   0  0

コールドケース作品紹介 > コールドケース シーズン1 エピソードリスト(シーズン1まとめ) > コールドケース シーズン1 第3話「猫(Our Boy Is Back)」


コールドケース 第3話「猫(Our Boy Is Back)」
Photo by Ember + Ivory on Unsplash

コールドケース 第3話「猫(Our Boy Is Back)」

米国放送日:2003年10月12日
監督:ブライアン・スパイサー
視聴者数:1,282万人

簡単なあらすじ



殺人課に一通の手紙が送られてくる。

「一人目、キッチンの床、飼い猫は役立たずだった。
二人目、黒髪の女、役立たずの猫が二匹。
三人目は死んじまったのに、役立たずの猫は見てただけ。
気が重いが今はまだやめられない。外はまだ暖かい」

それは過去の犯罪自慢とこれからの犯行予告だった。


今回の事件



1998年8月21日 ゲイル・チマヨ事件

ゲイルは女子大生でフィラデルフィア美術館で働いていた。
一人暮らしをしており、何者かに自宅に侵入されレイプされた挙句殺害される。

当時の担当はヴェラだったが未解決に終わった。


当時関わっていた人物たち(※ネタバレ含みます)



※ネタバレ含みます


ブルース・エルリッチ
ゲイルの彼氏。事件当時のアリバイがなく、DNAも提供しない。
大学で猫を使って実験をしている。
ヴェラは事件捜査に協力しないブルースに4回もケガをさせている。


ラリー・デトロイト
ゲイルのお向かいさんでゲイルに惚れていた。


エレン・カーティス
過去のレイプ被害者。
トラウマとなり現在は実家暮らし。


ニコール
過去のレイプ被害者。
犯人の体が異様にツルツルしていたと証言してくれた。


タニア
4人目の被害者。
美術史専門の大学生。


アナ・ベルリン
ゲイルの同僚でフィラデルフィア美術館勤務。
事件当日ゲイルとランチをしている。


カール・キーリー
過去に博物館の警備員をやっていて、5年前から軍に入隊するも
女性将校に忍び込み6週間前にクビになっていた。


ブリジット・ヤング
カールの彼女。シングルマザーでちょっとオバカ。


ケイトリン・ヤング
ブリジッドの娘で、ビラを見て通報をしてくれた女の子。


犯人&犯行



※がっつりネタバレです


カールはレイプする相手を美術館周辺で物色。
家を突き止め、彼にとって猫を飼っていたら一人暮らしのサイン。
狭いところを潜り抜けるのが得意で、昔から家に侵入しては物を盗んでいた。
実家は貧乏で母親は字も読めず、実の姉は売春婦。
頭の悪い一家で育ったことがコンプレックスでインテリ女子に憧れていたため
レイプ被害者は皆女子大生や図書館に通う女性ばかりだった。
ゲイルはカールに抵抗したため殺害されてしまった。


第3話「猫(Our Boy Is Back)」の感想



この回を見てから私は猫を飼う一人暮らしの女性が心配になりましたw
でも今回の犯人の着眼点。当たってるかもしれん・・。怖い。

そして今回の事件の当時の担当者はなんとヴェラ。
しかも結構暴走してた模様w
しかし今回リリーとコンビを組んで見事解決。
でも今回はあの女の子が通報してくれなければ解決しなかったよねw

そしてリリーの相棒クリスが3話目にしてもう出なくなってるwww
ま、既婚者ですぐに家に帰りたがる役だからこのドラマにはいらんかもな。ってスタッフが思ってしまったのも仕方がない。
中の人はコールドケース後に「グレイズアナトミー」でブレイクしたし。よかったよね。



\ コールドケース シーズン1 第3話「猫」をAmazonで見る /






スポンサーリンク





1998年8月



今回の年代は1998年。
オープニングの曲から懐かしさ全開。
98年日本では長野オリンピックがあった年でしたね。
世界ではインドとパキスタンが核実験を起こしたり、北朝鮮がミサイルのテポドンを発射したりしました。


1998年に公開された映画

「タイタニック」


「メン・イン・ブラック」


アカデミー賞受賞作品「恋におちたシェークスピア」


ゲスト出演者



過去のレイプ被害者の一人エレン・カーティスを演じたのは
ブリー・ターナー
「グリム」のロザリー・カルヴァ―ト役で有名。


ブリー・ターナー
1977年3月10日アメリカ合衆国 カリフォルニア州生まれ
現在は2児の母親でもある。


挿入歌リスト


b_ornament_112_0S.png


オープニング、ラリーがゲイルに話しかけるシーン

Third Eye Blind - How's It Going to Be

Amazonデジタルミュージックでダウンロード



この曲は何かの海外ドラマで聴いたことがあるんですが、思い出せません。
たぶんロズウェル~星の恋人たち~かな??


b_ornament_112_0S.png


ラリーが警察に通報したシーン

The Cranberries - When You're Gone

Amazonデジタルミュージックでダウンロード




b_ornament_112_0S.png

エンディング&ラストシーン使用音楽



The Wallflowers - Heroes




1998年に公開された映画「ゴジラ」のサントラに収録されたこちらの曲は
デヴィッド・ボウイのカバー曲です。
ドラマのラストシーンで流れたのは98年に発表されたThe Wallflowers verのHeroes
当時何度も何度もラジオで流れたそうです。


名台詞




「おたくは死んでも本読まなそうだね」
byヴェラ




次の話>>>第4話「靴下(Churchgoing People)」へ




スポンサーリンク





コールドケース シーズン1 第2話「通話記録(Gleen)」の感想、時代背景、使用音楽のまとめなど

Posted by 録画ミスの女王 on   0  0

コールドケース作品紹介 > コールドケース シーズン1 エピソードリスト(シーズン1まとめ) > コールドケース シーズン1 第2話「通話記録(Gleen)」


コールドケース シーズン1 第2話「通話記録(Gleen)」
Photo by wu yi on Unsplash

コールドケース 第2話「通話記録(Gleen)」

米国放送日:2003年10月5日
監督:Paris Barclay
視聴者数:1,396万人

簡単なあらすじ



早く前線に戻ってこいとジェフリーズに頼まれるリリーの元にロレインという女性がやってくる。
ロレインは婚約者の娘、グウェンを連れて来ていた。
グウェンに話を聞くと、83年、グウェンが5歳の時、母親デイナが裏庭で爆死したという。
そしてデイナは露出魔の裁判で証言することになっていたというのだ。
グウェンは露出魔のミラーが犯人だと思い込み脅迫電話をかけるまでになっていた。


今回の事件



1983年5月19日 デイナ・ディーマー事件

殺されたデイナ・ディーマは25歳の専業主婦。
おとなしいタイプの女性ではなく気が強い女性で、姑ともうまくいってなかった。

裏庭にあった箱を手にした途端爆発。即死ではなく亡くなるまでに十数分息があった。
デイナは死ぬ前に露出魔のアルバート・ミラーの裁判で証言することになっていた。

当時関わっていた人物たち(※ネタバレ含みます)



※ネタバレ含みます


グウェン・ディーマー
被害者デイナの娘。5歳のときに母親が爆死してからアルバートが犯人だと思い込んでいて
脅迫電話をかけるまでになっている。


ロブ・ディーマー
デイナの旦那でグウェンの父親。現在はロレインと婚約している。
捜査をしているうちにバツ2ということが発覚。


マリア・サンチェス
爆破現場に最初に駆け付けた隣人。


アルバート・ミラー
高校教師で露出魔の変質者。グウェンに脅迫されたり、車の窓ガラスを割られたりしたが訴えることはしなかった。


フランク・ローソン
火災捜査官で爆発物の専門家。
デイナに恋していた。


犯人&犯行



※がっつりネタバレです


独占欲が強いロブは気の強いデイナとうまくいってなかった。
フランクとも良い仲になっていることにも気づいていたのであろうロブが
爆弾を洗剤の箱に入れ裏庭に置き、仕事場からデイナに電話をかけ
箱を開けるよう指示を出し爆破させて殺す。

第2話「通話記録(Gleen)」の感想



今回は地味にヴェラがグッジョブなんですよねww
リリーのヴェラのあしらい方がすごく好きですww

そして今回は気の強い女性を旦那が殺した事件。
気が強いと言えば、リリーちゃんです。
最後のロブとの言い争いは見ていてスカっとしたし格好良かった!

5歳の女の子が出てくるたびに私はもう涙腺が緩みっぱなしの小汚いBBAになってました。
しかし母親が亡くなってから頑固に変態ミラーに嫌がらせしてたのに
実際犯人が父親だとわかったらさらにグウェンは壊れてしまうんじゃないかなと・・・(´;ω;`)
しかも世界にいたずら電話していた時に使ってた機械はグウェンにとっては良い思い出だったし。
それが母親を殺すために使用されていたんだからねえ。。。
フィアンセだったロレインとうまく関係が続いて癒されるといいんですが・・・。

そして今回徹夜したリリーちゃんが軽くテンション高くなってて、可愛いし色気あるしたまらなかった!


コールドケース シーズン1 第2話「通話記録」をAmazonで見る




スポンサーリンク




1983年5月



今回の年代は1983年。1月にはインターネットが開始され、未来へと一歩進んだ年。
デイナが殺されたとされる1ヶ月前の4月にはベイルートのアメリカ大使館で爆弾テロが起きている。
そして1ヶ月後の6月にはアメリカ人初の女性宇宙飛行士が宇宙へと旅立っている。
なんだかここらへんの関係が脚本にも影響を与えたのかな?と思える回ですね。

「家庭におさまるだけが女性の生き方じゃない」と言いたいかのような年代チョイス。
デイナは専業主婦だったけど、頑固で気が強く。裁判で証言までしようとしてたんだからね。
そんな気が強い女が嫌いなロブは女性宇宙飛行士をどう思ってたのかな。


1983年に公開された映画

「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」

「E.T.」


アカデミー賞受賞作品「愛と追憶の日々」


ゲスト出演者



母親の亡骸を5歳の時に目撃した25歳のグウェンを演じたのは
ジェイミー・アン・オールマン
きみに読む物語」でライアン・ゴズリング演じるノアに叶わぬ恋心を抱いていたマーサ・ショウ役で有名。
他にも「名探偵モンク」でもダイヤを探す女性を演じてました。




ジェイミー・アン・オールマン
アメリカ合衆国カンザス州生まれ
俳優のマーシャル・オールマンと結婚し、現在は3児の母親でもある。

「シックス・フィート・アンダー」や「クローザー」にも出演していて
海外ドラマファンならどこかで見たことある・・・と思う女優のひとり。

挿入歌リスト


b_ornament_112_0S.png


オープニング、デイナとロブが裁判について話してるシーン

Yes - Owner of a Lonely Heart

Amazonデジタルミュージックでダウンロード




b_ornament_112_0S.png


グウェンがお人形遊びをしている当時を思い出すシーン

Spandau Ballet - True

Amazonデジタルミュージックでダウンロード




b_ornament_112_0S.png


デイナとフランクがキッチンで話してるシーン

Thompson Twins - Hold Me Now

Amazonデジタルミュージックでダウンロード




b_ornament_112_0S.png


ロブが爆発物を設置してるシーン

Bonnie Tyler - Total Eclipse of the Heart

Amazonデジタルミュージックでダウンロード




b_ornament_112_0S.png

エンディング&ラストシーン使用音楽



Bryan Adams - Straight from the Heart

Amazonデジタルミュージックでダウンロード



1983年に発表のCuts Like A Knifeに収録。
カナダ出身のブライアン・アダムスはセクシーなボイスで私も大好きです。

名台詞




「私のこと知ってたら、これからだって思うはず。」
byリリー・ラッシュ



「なんで女ってのは自分を殺すような男に惚れちまうんだ」
byスティルマン警部補



次の話>>>第3話「猫(Our Boy Is Back)」へ




スポンサーリンク



\ WOWOWでは日本版コールドケースが放送中 /



このカテゴリーに該当する記事はありません。