FC2ブログ

ああ、あの頃の海外ドラマ!

主に90年代~00年代の海外ドラマのレビューや、あの時代とドラマを彩った洋楽など紹介するブログです。映画の感想も年代問わず書きます。

【ボヘミアン・ラプソディ】キャスト紹介(3)グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)

Posted by 録画ミスの女王 on   0 

映画 ボヘミアン・ラプソディ感想(ネタバレ) > キャスト紹介(3)グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)


ボヘミアン・ラプソディに出演しているキャストの紹介です


グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)



クイーンのギター担当ブライアン・メイ
フレディより年下ではあるが、一番落ち着いていて兄貴的存在。
何年経っても髪型は変えないこだわりよう。

バンドマンをしながらも天文学が大好きなブライアン・メイを演じたのはグウィリム・リー

映画が公開されて一番話題だったのは「ブライアン・メイがめっちゃ似てる」ということw
実際にブライアン・メイの息子さんはブライアン本人が吹き替えしてるのか本気で思ってたそうですw
髪型だけじゃなくギターを弾く姿勢まで似てるんですよね。
グウィリムはギターをブライアン・メイ本人から教わったそうです!!






グリウィム・リー
1983年11月24日イングランド・ロンドン生まれ
身長188cm


10代の頃から劇団に参加し演劇を学ぶ。俳優としての仕事は主にテレビシリーズで、
14歳の頃に1997年~98年まで「Animal Ark」にレギュラー出演。
その後は「ランドガールズ(2011)」「バーナビー警部(2013~2016)」などにレギュラー出演していた。


映画ではジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー主演の「ツーリスト」に出演。



また、テレビゲームの吹き替えもしており、

「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(Psaro the Manslayer役)」
「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド(Cid役)」

では英語版の吹き替えを担当しています。

 


今までテレビシリーズで活躍してきたグウィリム。
映画の大作でメインの役はほぼ「ボヘミアン・ラプソディ」が初めてなので
これからの活躍に期待です!!


ちなみにグウィリムがクイーンの中で好きな曲は
Don't Stop Me Now」だそうです^^

b_ornament_147_2S.png

Don't Stop Me Now
Queen Officialより





Don't Stop Me Nowは映画のエンディングで流れていて
涙腺崩壊した方もたくさんいらっしゃる思います(´;ω;`)




スポンサーリンク
\ ミニオンズのイオンカードなら、いつでもイオンシネマで映画が1,000円で見れます! /
(キャンペーンが終了してる場合がございます)







ブライアン・メイ




クイーンのギター担当でクルクルヘアがトレードマークのブライアン。
アルバム初期ではフレディとブライアンが主に作詞作曲を担当。
2ndアルバム「Queen Ⅱ」では「サイドホワイト」の5曲中4曲がブライアン作の曲である。


映画の中では一番落ち着いていて兄貴的存在だったブライアンですが、
実際はブライアンとロジャーがよく喧嘩していたとか!?ww




ブライアン・メイ


1947年7月19日イングランド・ミドルセックス州ハンプトン生まれ。


ブライアンがバンドを組むために、メンバー募集の広告を出したことにより彼らのスターへの道が開かれます。
まずは友人のティム・スタッフェルと、広告を見て応募してきたロジャー・テイラーと共に「スマイル」というバンドを組んでいました。
その後ティムが脱退し、ティムの友人だったフレディが加入。


ブライアンはクイーンが売れるまでは中学校で数学の教師をしていました。
また、大学では天文学を専攻しており、2007年の夏に研究を再開。
論文を完成させ、博士号を授与されています。


作曲した主な代表曲
「炎のロックン・ロール」
「Now I'm Here」
「’39」
「Fat Bottomed Girls」


ブライアン・メイのギターサウンドはとても独特で使用ギターは
父親と共に暖炉の木材で作った「レッド・スペシャル」
演奏をする際はピックを使わず、6ペンスコインやオーストラリアの5セントコインを使用している。


プライベートでは無名時代から交際していたChrissie Mullensと1974年に結婚。
意外と結婚が早かった!日本に来日してキャーキャー騒がれいるときには既に既婚者か!
3人の子宝に恵まれますが、1988年に離婚。


そして2000年に女優のAnita Dobsonと再婚。現在もラブラブなようです。
同じ年代の方と再婚されるのはロジャーとは違うところですねw




右側の女性が奥様です。


1991年にフレディが他界しましたが、ほぼ同じ時期にブライアンは父親まで亡くしています。
その前の88年には離婚。フレディの死の次はジョン・ディーコンが引退と
彼にとってはつらい時期が続きます。ブライアンは自殺を考え、遂には鬱病に。
アリゾナ州にある医療施設に入院し回復はしたようですが、
2016年、アダム・ランバートとの日本を含むアジアツアーは大成功を納めましたが、また鬱が再発したのか
その後のUKツアーはキャンセルとなりました。


ブライアン・メイは紅茶とコーヒーを淹れる人のことを考えて
「どっちのほうが楽?何人コーヒーで何人紅茶なの?」
と質問して簡単に答えが出せないという逸話があるほど、相手のことを考えすぎてしまう性格なようです。

大変失礼ですが、私もそういう性格で疲れ気味(←)なのでとても親近感がわいてしまいます。
しかしブライアンにはいつまでも心身ともに元気でいてほしいですね。本当に。
そしてまたいつの日かアダム・ランバートを引き連れてロジャーと共に元気な姿を日本で見せてほしいものです!


ブライアンは現在もソロ活動を続けているので、これからのソロ活動にも注目です!
将来の夢は宇宙ステーションに行きたいそうなので、彼の天文学者としての活動にも目が離せません。




2019年1月1日に発表した新曲のタイトルは「New Horizon」です!さすが博士です!w


ロックだけじゃなく、自分が興味があるものにまっすぐ向かっていき、いくつになっても勉強するその姿勢が本当に大好きで、尊敬します。
私も子供が生まれて自分が主役となる人生はもうないな、老後が楽しみだななんて思ってましたが
人生まだまだこれからだな!!!とブライアンの人生の歩み方を見て勇気づけられたのでした。



\  QueenグッズはAmazonで  /

 





スポンサーリンク

このカテゴリーに該当する記事はありません。